腸は、美容と健康に深く関わる器官です。

その為腸内環境を整える為の食品やサプリを摂取する、善玉菌を増やすための食生活をするなど、便秘の解決策は色々あると思いますが、ぜん動運動のサポートもその一つに挙げられます。

腸も筋肉の一つ。じつは腸は筋肉でできています。硬くなる原因は生活習慣です。

当たり前ですが、腸って臓器っていうイメージがあります。その腸の筋肉が「ぜん動運動」をして、ベルトコンベアーのように「便」を外へと押し出しています。

ところが現代人は腸が超硬い人が多いです。

原因は色々ありますが、その多くは毎日の生活習慣です。例えば、姿勢の悪さもその1つ。

パソコンなどの前かがみの姿勢を続けると、背中は曲がり、その分前側の内臓は圧迫され、つぶれ固まってしまいます。これも腸が硬くなる原因です。

食べ過ぎ、飲み過ぎ、遊びすぎ(夜更かし)などで、カラダが疲れて睡眠不足だと腸もしっかり疲れます。疲れると疲労物質が溜まりやすくなる分また、硬くなります!

 

 

 

夏のエアコン、夜中の寝冷え、お腹が冷える・・・で硬くなります。

運動不足の血行不良、「おなら」や「便意」を我慢しすぎても腸の働きが悪くなります。

冷えている方に便秘・下痢気味の方って多いですよね。

 

 

このように、日常を振り返ってみると、生活習慣だけでも、腸をかたくしてしまう原因はいくつもあるのです。

腸の筋肉は、私たちの意志では動いていません。それは自律神経に支配されているため、意思ではコントロールできないのです。(これを付随意筋といいます。)

だから私たちの意思で腸に指令を出しぜん動運動をさせることも、腸の筋肉を鍛えて便秘を治すこともできません。

なので、周りの筋肉を刺激すると筋肉が収縮し、収縮する事によって腸が刺激を受けて動き出すのです。腸に刺激を与えるとともに腸腰筋をほぐすと更に腸の緊張がほぐれます。

 

ゆるふわ浜松の施術ではおなかまわりの筋肉を緩めていきます。

それも弱~い刺激で。なぜ弱い刺激が効果的なのでしょう?

 

 

腸はとても薄くデリケートな器官です。強くゴリゴリ押したり、揉んだりするのは危険です。

腸を刺激することで、排便を促そうと腸マッサージをしても、かたいままの腸に過度な刺激を与えると、傷ついてしまう事もあります。実際出血してしまった例もあるんですよ。

施術の前後でご自身の「硬さ・柔らかさ」を確認してみてください。

 

※便秘改善体操として一般的に知られているのが、「腹筋」です。

「便をしっかりと出し切るために、お腹や腸の筋肉を鍛えましょう!」というものです。

じゃあ腹筋でしょう!いえいえ、腹筋は実は、逆効果なんです。

なぜなら腹筋=鍛える!ことをすることで、ただでさえ硬くなっている腸が、

よけいに緊張をしてしまうからです。硬くなければ良いと思いますよ!(^^)!

生活習慣で、硬くなりやすい私達です。どうせなら効率よく筋肉にアプローチしたいですよね。